エルキャピタン向けセキュリティソフト

手軽な半面リスクも多い!USBメモリの危険性

USBメモリはとても小さいので持ち運びに便利で、容量も十分なため利用している方も多いと思います。

 

たとえば会社のデータを家のパソコンでも見られるようにしたりなど、複数台のパソコンでデータのやり取りをするのにはとても適しています。

 

ただ、注意しなければいけないこともあります。

 

それがUSBメモリを経由したウイルスへの感染です。

 

たとえば、USBメモリに保存したファイルやデータにウイルスが潜んでいたとしましょう。

 

するとUSBメモリを接続したすべてのパソコンでウイルスに感染する危険性が出てきます。

 

ウイルスというとインターネット上やメールの添付ファイルから感染するのが一般的でしたが、USBメモリの普及によってこうしたトラブルが増加しています。

 

直接インターネットに接続されるわけではないUSBメモリですが大きな危険を含んでいる可能性があると考えなければなりません。

 

USBメモリにウイルスは入り込まないようにするためにも、パソコンが被害を受けないためにもセキュリティ対策が求められます。

 

Windowはもちろん、MacのOSを使っている場合でも油断できません。

 

使用するパソコンには必ずセキュリティソフトをインストールし、常にウイルスからパソコンを守れるようにしておきましょう。

 

でないと大切なデータが失われてしまったり、個人情報が漏れてしまったります。

 

その被害は甚大なものになることもありますので十分な注意が必要です。

 

 

エルキャピタン セキュリティソフト トップページへ戻る