エルキャピタン向けセキュリティソフト

コンピューターウイルスの感染経路

ウイルスには気を付けなければいけない、パソコンを使う方なら誰もがそう考えていると思いますが、具体的にどんな経路からウイルスが感染するのかを正確に把握している方は意外と少ないのではないでしょうか。

 

まず、代表的な経路がインターネットからです。

 

現在では特定のホームページにアクセスするだけでウイルスに感染してしまうことがあり、大きな脅威となっています。

 

こうしたホームページははじめから悪意を持って作成されていることもあれば、ごく普通のホームページが何者かによって利用されウイルスが隠されていることもあります。

 

対策が非常に難しく、日常で閲覧するホームページに危険が潜んでいる可能性があるため非常に厄介です。

 

メールからの感染も多く見られます。

 

メールの場合、添付されたファイルを開くことで感染するケースがほとんどなので添付ファイルを開く時には事前にセキュリティソフトでチェックをするなどの対策が必要です。

 

たとえ信頼できる人からのメールであってもウイルスが潜んでいるかもしれないと考えることがポイントです。

 

この他にもUSBなどの記憶媒体から感染するケースや、社内LANから感染するケースも増えてきています。

 

いずれの感染経路にしても自分自身で防ぐことは難しくなります。

 

セキュリティソフトをいかに活用するから大切ですので、できればウイルス検知数などを中心に性能の良いセキュリティソフトをインストールして常に万全の状態でパソコンを利用するようにしましょう。

 

 

エルキャピタン セキュリティソフト トップページへ戻る