エルキャピタン向けセキュリティソフト

コンピュータウイルスによる被害とは?

コンピュータウイルスは危険、これはパソコンを使う方なら誰もが持っている認識でしょう。

 

ですが、どのように危険なのかを具体的に把握している方は少ないように思います。

 

パソコンがウイルスに感染することでどのような被害が想定されるのでしょうか。

 

代表的な被害が個人情報の漏洩です。

 

たとえば、パソコンの中身を第三者に見られてしまうことでパスワードなどが盗まれることがあります。

 

パスワードが知られてしまうとインターネット上の各種サービスに自分以外の人間がアクセスできてしまい、さまざまな被害が考えられます。

 

クレジットカードの暗証番号などが盗まれてしまえばかなりの被害になるでしょう。

 

多くのウイルスは感染すると自分のパソコンを第三者にリモートコントロールされ、こうした被害が出てしまいます。

 

ウイルスの中でも特に気を付けたいものと言えるでしょう。

 

また、パソコンに保存されているデータが消えてしまうといった被害もあります。

 

バックアップをとっていれば被害を最小限に抑えることもできますが、そうでなければ失われたデータはもう戻ってきませんし、パソコンの動作に関わるデータが消えてしまえばOSを再インストールしなければならないこともあります。

 

復旧に手間がかかるためこれも厄介です。

 

このようにウイルスに感染するとさまざまな被害を受けることになります。

 

セキュリティソフトをインストールし、常にウイルスからパソコンを守るようにすることが重要です。

 

 

エルキャピタン セキュリティソフト トップページへ戻る